改正法案、著作権侵害に除外規定/偶然の写り込みなど 

2012/02/08 18:31

 

 絵画など他人の著作物が偶然背景に写り込んだ写真や映像をインターネット上の個人サイトで公開する場合などについて、著作権侵害とせず無許諾利用を認めることを柱とする著作権法改正案の概要が8日、分かった。情報技術が進み著作物がさまざまな形で利用されている現状を受けたもので、政府は3月上旬に閣議決定し通常国会に提出する。

 改正案では、権利侵害に当たらないケースとして写真などへの偶然の写り込みのほか(1)漫画のキャラクターを商品化する際の社内企画書にキャラクター画像を掲載(2)技術開発用のサンプルとして音声や映像ソフトを複製―などの類型を示す。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459