国公立2次、福島大は志願者増/倍率は前年並み

2012/02/01 21:49

 

 文部科学省は、国公立大2次試験出願締め切り日の1日、午後3時現在の志願状況を発表した。志願者数は前年最終日の同時点より7337人減の47万8624人で、募集人員に対する倍率は前年同時点と同じ4・8倍だった。

 東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の影響が懸念された岩手、宮城、福島の3県では、福島大が0・9ポイント増の5・2倍、岩手大は前年同時期と同じ3・4倍、東北大は0・1ポイント減の3・2倍。確定した志願者数と倍率は17日に発表する。

 福島大は受験生全員の受験料を無料とし、被災者の授業料免除などの支援策を打ち出した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459