110番の日に一日課長/プードル警察犬が初仕事

2012/01/10 12:57

 

 「110番の日」にちなみ、鳥取県警の一日通信指令課長に任命されたトイプードルの嘱託警察犬カリン(左)とフーガ=10日午前、鳥取市

 「110番の日」にちなみ、鳥取県警の一日通信指令課長に任命されたトイプードルの嘱託警察犬カリン(左)とフーガ=10日午前、鳥取市

 「110番の日」の10日、全国でも珍しいトイプードルの嘱託警察犬カリン(雌、1歳)とフーガ(雌、2歳)が、鳥取県警の一日通信指令課長に任命され、県警のイベントに参加した。昨年11月の審査会に合格した2匹にとって初仕事。

 イベントは、鳥取市と境港市で同時に行われた。2匹は県警のエンブレムと警視の階級章が付いた制服を着用し、広報や指導の様子を見守った。フーガは時々クンクン鳴いたり、県警のマスコット「ぱとろーくん」の着ぐるみにほえたりと、落ち着かない様子も見せたが、カリンは終始落ち着いていた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459