命綱つけ「加賀とび」妙技披露/金沢の消防出初め式

2012/01/08 12:42

 

 消防出初め式で、命綱を付けて「加賀とび」の「はしご登り」を披露する消防団員ら=8日午前、金沢市の金沢城公園

 消防出初め式で、命綱を付けて「加賀とび」の「はしご登り」を披露する消防団員ら=8日午前、金沢市の金沢城公園

 金沢市の消防出初め式が8日、金沢城公園(同市)で開かれ、消防団員らが、江戸時代の火消し「加賀とび」の妙技「はしご登り」を勇壮に披露した。一部の演目では、落下事故防止のため今年から導入された命綱をつけた。

 出初め式には同市消防局と計49分団の地元消防団員ら約1300人が参加。雪が積もった会場に28本のはしごが立てられ、号令が掛かると消防団員らが約6メートルのはしごを駆け上がった。最後の演目で命綱を腰にくくりつけ、足首を軸に体を宙に舞わせて「はい!」と威勢のいい声を上げると、観客から拍手がわいた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459