こんにゃくでダイエット食品続々/愛知の会社

2012/01/06 18:24

 

 こんにゃくを原料にしたパンとご飯を手にする「ABS」の加藤三基男社長=6日午後、愛知県東海市

 こんにゃくを原料にしたパンとご飯を手にする「ABS」の加藤三基男社長=6日午後、愛知県東海市

 低カロリーのこんにゃくを原料にしたご飯やパン、麺を―。愛知県東海市の食品メーカー「ABS」が開発したこんにゃく商品が好評で、ラインアップの拡充や全国展開を目指している。食事療法の糖尿病患者らに加え、ダイエットに取り組む人のニーズは高いとみて、2011年8月にインターネットで発売。主食に続き、わらび餅やせんべいなどの新商品を次々に開発している。

 ABSはこんにゃくの乾燥技術で特許を取得。白くてにおいのほとんどないご飯をつくった。ご飯1食分(30グラム)で230円。30分水に浸して電子レンジで加熱する。

 ロールパンやお好み焼きもヒット商品という。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459