直葬専用施設、福岡にオープン/儀式なしで故人お見送り

2011/10/01 05:22

 

 「福岡直葬センター」の「お別れ室」=9月30日、福岡市博多区

 「福岡直葬センター」の「お別れ室」=9月30日、福岡市博多区

 福岡市の冠婚葬祭会社「ラック」は1日、儀式をせずに故人を弔う「直葬」など、小規模の葬送を専門とした施設「福岡直葬センター」を、同市博多区にオープンした。同社は「直葬専門の施設は九州初で、全国的にも珍しい」としている。

 直葬は高齢化社会が進む中、東京など都市部を中心に急増した葬送の形態。病院などから遺体を斎場や安置施設に運んで24時間安置し、宗教儀式を行わず火葬する。

 同社によると、最近は東京で葬送全体の約2〜3割、福岡でも約1割が直葬を利用しているという。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459