クラウド活用でタンポポ調査/富士通、市民参加型

2011/04/02 16:28

 

 東京都立川市の国立昭和記念公園に咲くカントウタンポポ=資料写真

 東京都立川市の国立昭和記念公園に咲くカントウタンポポ=資料写真

 富士通は愛知教育大学と協力し、ネットワークを通じて情報処理を行う「クラウドコンピューティング」などのITを活用した、市民参加型の「全国タンポポ調査」をこのほど始めた。調査は9月30日まで。

 衛星利用測位システム(GPS)付き携帯電話で撮ったタンポポの写真を市民からメールで送ってもらい、クラウド上のデータベースに位置情報とともに蓄積。愛知教育大の専門家が種類などを分析した上で、開花や分布の状況が一目で分かる「全国タンポポ前線マップ」を作成する。

 マップはインターネットで公開。分布図は随時更新し、開花予想も提供する。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459