「松坂牛」に悩む松阪市/中国、文字違いで商標申請

2008/07/02 16:42

 

「松坂牛」に悩む松阪市/にぎわう松阪牛の専門店=6月7日、津市内

にぎわう松阪牛の専門店=6月7日、津市内

 中国の商標局に、飲食店経営者とみられる個人が漢字の「さか」1文字違いで「松坂牛」と商標登録を申請していることが分かり、地域ブランド「松阪牛」の本家、三重県松阪市の担当者が頭を抱えている。

 松阪市は牛肉輸出解禁をにらみ、ブランドを守るため2006年5月に中国で商標として「松阪牛」を申請したが、先を越されていたからだ。類似名称は登録が認められにくいといい、担当者は「寝耳に水。先手を打ったと思ったのに」と悔しがっている。

 しかし今年4月下旬、登録の仲介をする中国企業から「05年9月に『松坂牛』が申請されている」と知らされた。「松坂牛」は早ければ8月に審査を通り公告される。その後3カ月は異議申し立てが可能という。

 東京理科大の生越由美教授(知財政策)は「中国では日本の農畜産物は安全で価値が高い。先に商標を取ってブランドにただ乗りし、消費者の勘違いを狙っているのではないか」と話している。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459