愛子さまに養育専任女官/学習院幼稚園前園長小山氏

2008/04/01 06:04

 

 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(6)の養育専任東宮女官として、学習院幼稚園園長を退職した小山久子氏(61)が1日付で就任した。

 宮内庁東宮職によると、内親王の養育に専任の女官が付くのは初めて。学齢期を迎えた愛子さまの教育に万全を期すため夫妻が以前から要望していたという。

 小山氏は東京都出身。お茶の水女子大の幼稚園教員養成課程を修了し、1968年から1年間、松濤幼稚園(東京都渋谷区)に勤務。78年に学習院幼稚園に移り、2001年から園長を7年間務め、この3月で定年退職した。

 野村一成東宮大夫は「人格、見識ともに優れ、子どもの教育に豊かな経験のある専門家」と評価。身の回りの世話をする職員を指揮監督するほか、夫妻の相談役も務める。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459