初のボス猿、故郷高崎山へ/骨格標本返還で式典

2004/07/17 12:47

 

 日本で初めて「ボス猿」と呼ばれたニホンザル「ジュピター」の骨格標本が、これまで展示してきた日本モンキーセンター(愛知県犬山市)から故郷の大分市・高崎山に返還されることに伴う式典が17日、同センターで開かれた。

 骨格は同日午後に犬山を出発。高崎山自然動物園内に4月にオープンした「高崎山おさる館」の目玉として21日から展示される。

 市内の小学生ら100人近くも参加した式典では、同センターの河合雅雄・元所長が「ジュピターと高崎山のサル」の題で講演。「ジュピターは威厳がある猿だった」と思い出を語った。その後、参加者は標本の前まで近寄り、ジュピターとの別れを惜しんだ。

 ジュピターは1950年代に始まった高崎山での生態調査で約160頭の群れを率いたボス猿として初めて確認された。61年の死後、標本となったが、当時の高崎山には展示施設がなく、モンキーセンターが43年間、管理していた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459