「そんなアホな」と苦笑い/吉本芸人かたり市長訪問

2003/07/26 00:20

 

 吉本興業(大阪市)のお笑い芸人、坂田利夫さんの一番弟子をかたり、17年間近くも徒歩で日本一周をしているというほら話を作り上げた男性が、北海道帯広市長を表敬訪問したが、すべてうそだったことが25日までに分かった。関係者は「そんなアホな。すっかりだまされた」と苦笑している。

 男性は、三重県出身で吉本興業所属の芸名「坂田勝(52)」と自称。「1986年の大みそか、師匠の坂田さんや落語家桂三枝さんらから、歩いて日本一周できるかと言われ、翌日の元旦から徒歩とヒッチハイクで日本一周を始めた」と触れ込んでいた。

 男性は今月10日、帯広市役所に砂川敏文市長を表敬訪問し、市長は「頑張って下さい」と激励して記念撮影も行い、地元の新聞に紹介された。

 実害に遭ったという話はないという。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459