天気予報を見る
 
新聞購読申込

田んぼアートでラグビー代表応援/W杯に向け、埼玉県行田市

2019/06/15 10:58

 水田に色の異なる稲を植える「田んぼアート」で知られる埼玉県行田市は15日、ラグビーワールドカップ(W杯)の日本代表を応援するため、リーチ・マイケルさんら3選手を描く田植えイベントを開いた。稲が成長すると7月下旬〜8月ごろには色鮮やかな絵が浮かび上がり、11月ごろまで楽しめる。

 イベントには、お笑いコンビ「マテンロウ」のアントニーさん(29)らが参加。アントニーさんは、ラグビーの精神を表す言葉「ワンフォーオール、オールフォーワン(1人はみんなのために、みんなは1人のために)」と大声で呼び掛けながら、約400人の市民らと田植えに励んだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.