天気予報を見る
 
新聞購読申込

「らくらくマウス」存続の危機/障害者向け定番PC機器、継承を

2019/06/15 04:40

 手が不自由な人がパソコンを操作しやすいよう開発された「らくらくマウス」
 手が不自由な人がパソコンを操作しやすいよう開発された「らくらくマウス」

 手が不自由な人でもパソコンを操作できるように工夫した「らくらくマウス」が、製作、販売を手掛けるNPO法人「こことステップ」(東京)のメンバー高齢化で存続の危機を迎えている。障害者向けの定番機器だが、「このままでは生産を中止せざるを得ない」として、企業や団体など事業の継承先を探している。

 通常のマウスの場合、手が不自由な人にとっては、カーソルを水平移動させる「ドラッグ」や、ボタンを素早く2回押す「ダブルクリック」が難しい。

 「らくらくマウス」は1度押すだけでドラッグやダブルクリックが可能だ。また別のボタンかレバーでカーソルを上下左右に動かせるようにした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.