天気予報を見る
 
新聞購読申込

火祭の大たいまつ作り、和歌山/熊野那智大社

2019/06/14 16:29

 「那智の扇祭り」を前に進む大たいまつ作り=14日、和歌山県那智勝浦町
 「那智の扇祭り」を前に進む大たいまつ作り=14日、和歌山県那智勝浦町

 和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社で毎年7月14日に営まれる「那智の扇祭り(火祭)」を前に、神事で使われる大たいまつ作りが進んでいる。

 那智の扇祭りは神々が年に1度、12体の扇みこしに乗り、元宮の那智の滝に戻る神事。大たいまつは扇みこしを清めるため12本用意され、滝の前で勇壮な炎の乱舞を繰り広げる。

 宮大工の嶌崎和真さん(37)らが白装束に烏帽子姿で作業。ヒノキの板を円筒状に束ねて仕上げ、柄の部分を含めると長さ約140センチ、重さ約50キロにもなる。

 嶌崎さんは「令和最初の扇祭り。たいまつの炎が希望の火種となるようにとの願いを込めて作っています」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.