天気予報を見る
 
新聞購読申込

認知症、配慮計画義務に/鉄道やバス、航空会社に罰金も

2019/06/14 06:13

 認知症に配慮した計画の流れ
 認知症に配慮した計画の流れ

 認知症対策を強化するため、政府は鉄道やバス、航空会社に、物忘れなど特有の悩みを抱える認知症の利用者が困らないよう配慮する支援計画の作成を初めて義務付ける。怠った場合は50万円以下の罰金を科す。2021年をめどに実施する。日常生活で不便に感じる障壁を減らす取り組み「認知症バリアフリー」の目玉政策として、来週にも策定する新たな認知症対策の大綱に盛り込む。政府関係者が13日、明らかにした。

 今年4月に全面施行した改正バリアフリー法は公共交通の事業者に、障害者や高齢者が利用しやすいよう段差の解消やホームドアの設置などの計画作成や公表を義務付けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.