天気予報を見る
 
新聞購読申込

千葉大、授業料値上げへ/全学的に省令標準額超え

2019/06/07 20:50

 記者会見で授業料の値上げについて説明する千葉大の徳久剛史学長(左)=7日午後、千葉市
 記者会見で授業料の値上げについて説明する千葉大の徳久剛史学長(左)=7日午後、千葉市

 千葉大は7日、2020年度以降に入学する学部生と大学院生の授業料を、文部科学省令が定める上限の年額64万2960円に値上げすると発表した。現在の授業料は博士後期課程を除き、省令の標準額の53万5800円。文科省によると、標準額を上回る全学的な値上げは国立の総合大で初めて。

 国立大は最大で標準額の2割増までの範囲で授業料を設定できる。千葉大は値上げで最終的に約13億6千万円の増収になる見通し。増収分は20年度から新たに導入する学部生と大学院生の「全員留学制度」の財源の一部とする。法科大学院は値上げの対象外。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.