天気予報を見る
 
新聞購読申込

万博見据え、災害情報を多言語で/近畿通信局が実証実験

2019/04/15 12:14

 スマホ向け多言語災害情報配信サービスの実証実験をする関係者=15日午前、大阪市
 スマホ向け多言語災害情報配信サービスの実証実験をする関係者=15日午前、大阪市

 昨年夏、西日本で台風や豪雨災害が相次いだことを受け、総務省近畿総合通信局(大阪市)は15日、外国人観光客や在日外国人のスマートフォン向け多言語災害情報配信サービスの実証実験を始めた。

 6月に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会合までの実用化を目指す。今月から外国人労働者の受け入れが拡大され、2025年には大阪・関西万博が開催されることから、災害に不慣れな外国人に安心して訪日してもらう狙いもある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.