天気予報を見る
 
新聞購読申込

令和初日の日の出、本州最南端で/和歌山・潮岬、ツアーが人気

2019/04/12 16:17

 本州最南端の潮岬=和歌山県串本町
 本州最南端の潮岬=和歌山県串本町

 阪急交通社(大阪市)は、JRの特急「くろしお」を貸し切りとし、新元号「令和」初日の5月1日に本州最南端の潮岬(和歌山県串本町)で日の出を見る夜行ツアーを実施する。12日までに定員約270人分が完売するほどの人気ぶりだ。

 ツアーは4月30日夜、くろしおでJR新大阪駅を出発。翌5月1日午前4時ごろに串本駅に到着する。バスで潮岬に移動して日の出を見た後、熊野三山などを観光。くろしおで午後10時ごろまでに新大阪駅に戻る。

 ツアーは3月10日に発売。新元号発表が迫った同月末から予約が増えたという。広報担当者は「幅広い年代の方が予約している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.