天気予報を見る
 
新聞購読申込

和歌山でクマノザクラの観察会/100年ぶりに新種と確認

2019/03/16 16:17

 和歌山県古座川町で開かれたクマノザクラの観察会=16日
 和歌山県古座川町で開かれたクマノザクラの観察会=16日

 紀伊半島南部に群生し、国内のサクラの野生種として昨年、約100年ぶりに新種と確認されたクマノザクラの観察会が16日、和歌山県古座川町で開かれた。

 観察会は、古座川町観光協会などが31日まで開催している「古座川桜フェア」のイベントの一つ。同町池野山の道の駅「虫喰岩」近くに研究に使われた「タイプ標本木」のクマノザクラがあり、同町在住の樹木医矢倉寛之さん(37)が満開の花の下で解説した。

 3月中旬から4月上旬にかけて開花し、淡いピンク色が特徴。矢倉さんは「町の人たちにとって価値のあるサクラ。大事に守っていきたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.