天気予報を見る
 
新聞購読申込

ガザで恒例のたこ揚げ大会/東日本大震災の復興願う

2019/03/15 09:05

 14日、パレスチナ自治区ガザ南部ハンユニスでたこを揚げる少女(共同)
 14日、パレスチナ自治区ガザ南部ハンユニスでたこを揚げる少女(共同)

 【ハンユニス共同】パレスチナ自治区ガザ南部ハンユニスで14日、東日本大震災からの復興への願いや被災者への連帯を示すたこ揚げ大会が行われた。日本の小中学生に当たる子ども約500人が参加。会場の学校の中庭には日の丸などをあしらった色とりどりのたこを揚げる子どもの歓声が響いた。

 このイベントは大震災翌年の2012年から毎年開かれ、今年で8回目。参加者を代表してあいさつした中学2年のハナア・アブムスタファさん(14)は、復興を目指す大震災の被災者の姿から「決してあきらめないことを学んだ」と強調。「過去を振り返るのではなく、前を向いて進みましょう」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.