天気予報を見る
 
新聞購読申込

自動走行車で日本文化体験、大阪/関電などが実証実験

2019/03/14 18:33

 自動走行車を活用した観光サービスの実証実験=14日、大阪市の大阪城公園
 自動走行車を活用した観光サービスの実証実験=14日、大阪市の大阪城公園

 関西電力と損保ジャパン日本興亜は14日、歩くのと同じ速さで移動する自動走行車を活用した観光サービスの実証実験を、大阪城公園(大阪市中央区)で報道関係者に公開した。この日は乗客が観光地の景色を楽しみながら、点茶や日本舞踊を観賞する様子が披露された。17〜21日に一般向けに公開する。

 自動走行車は、センサーなどで障害物をよけながら時速1〜5キロで移動する。14日は、畳や和傘を置いた車台で着物姿の舞踊家らが乗客にお茶をたて、三味線を弾いたり扇子を手に踊ったりした。

 実証結果を基に今後も試行を重ね、低速自動走行車による新たなサービスの事業化を目指す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.