天気予報を見る
 
新聞購読申込

東芝、AIで音声を文字化/意味持たない言葉を除去

2019/03/14 13:08

 AIを使い音声を字幕で表示する技術のデモ画面(東芝提供)
 AIを使い音声を字幕で表示する技術のデモ画面(東芝提供)

 東芝は14日、人工知能(AI)を使い、会議や講演の音声を瞬時に読みやすい文章に変えて、字幕で表示する技術を開発したと発表した。発言者の「えー」「あのー」といった合間に挟み込む意味を持たない言葉を除去や区別することで、簡潔な文章に変換する。聴覚障害者が情報を理解しやすくするのが狙い。

 現在、AIを使った音声認識による自動の書き起こしが普及している。しかし、話者の言葉をそのまま文字にするため、視覚から情報を得る聴覚障害者にとっては、理解しづらかった。

 東芝のAI技術は、言いよどみなどを認識するほか、次に来る単語を予測することで、不要な単語を省けるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.