天気予報を見る
 
新聞購読申込

夕張支線、廃止前に増便/名残惜しむファンへ対応

2019/03/13 17:39

 廃線となる石勝線夕張支線の車両に付けられる記念ヘッドマーク(JR北海道提供)
 廃線となる石勝線夕張支線の車両に付けられる記念ヘッドマーク(JR北海道提供)

 JR北海道は13日、廃線が決まり31日が最終運行日となる石勝線夕張支線(新夕張―夕張、16・1キロ)で、名残を惜しむ鉄道ファンが多く訪れることを見越し、16〜31日の運転を通常の5往復から8往復に増やすと明らかにした。

 夕張支線を走る列車は通常1両だが、この期間は2〜3両編成とする。29日からは、地元・夕張市特産のメロンを描いた記念ヘッドマークを車両に付けて運行する。最終列車は31日午後7時28分に夕張駅を発車する予定。

 夕張支線は沿線人口の減少などで利用者が減り、廃線が決定。4月1日から代替バスが運行される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.