天気予報を見る
 
新聞購読申込

道後温泉本館、正念場の7年/改修工事、「火の鳥」でPR

2019/01/11 16:40

 松山市の観光名所「道後温泉本館」が15日から約7年に及ぶ大規模な改修工事に入る。一部で営業は続けるが、懸念されるのは客足の減少。正念場を迎える市は、漫画家手塚治虫さんの人気作品「火の鳥」とコラボした誘客キャンペーンを展開する。担当者は「魅力的な仕掛けがいっぱい。この時期ならではの道後を楽しんで」と呼び掛けている。

 国の重要文化財に指定された本館は1894年改築の木造3階建てで、国内外から年間約80万人が訪れる。夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台として知られ、映画「千と千尋の神隠し」に登場する湯屋のデザインの参考の一つにもなった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.