天気予報を見る
 
新聞購読申込

1セント銅貨、2千万円で落札/米で76年前に鋳造、幻の存在

2019/01/11 13:31

 10日に落札された1943年鋳造の米1セント銅貨(ヘリテージ・オークションズ提供、共同)
 10日に落札された1943年鋳造の米1セント銅貨(ヘリテージ・オークションズ提供、共同)

 10日に落札された1943年鋳造の米1セント銅貨(ヘリテージ・オークションズ提供、共同)
 10日に落札された1943年鋳造の米1セント銅貨(ヘリテージ・オークションズ提供、共同)

 【ニューヨーク共同】1943年鋳造の銅合金の米1セント硬貨が10日、南部フロリダ州オーランドで競売に掛けられ、20万4千ドル(約2200万円)で落札された。戦時下で銅不足の43年に鋳造された1セント硬貨は亜鉛でコーティングされた鋼鉄製の銀色で、銅製は造幣局も存在を否定する“幻の硬貨”だった。米競売会社ヘリテージ・オークションズが明らかにした。

 同社によると、47年3月、当時16歳の高校生だった男性が東部マサチューセッツ州の高校のカフェテリアで受け取った釣り銭に紛れていた。この銅貨の希少性を知っていた男性は公表せずに保管し続けていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.