天気予報を見る
 
新聞購読申込

三浦さん、登山計画を変更/体力温存、一部ヘリ利用

2019/01/09 18:16

 南米大陸最高峰アコンカグア登頂の計画変更を、現地で協議する三浦雄一郎さん(右から2人目)=7日(ミウラ・ドルフィンズ提供)
 南米大陸最高峰アコンカグア登頂の計画変更を、現地で協議する三浦雄一郎さん(右から2人目)=7日(ミウラ・ドルフィンズ提供)

 南米大陸最高峰アコンカグア(6959メートル)への登頂とスキー滑降を目指している冒険家三浦雄一郎さん(86)の事務所は9日、登山計画の変更を発表した。三浦さんの体力温存が狙いで、一部でヘリコプターを使って日程を短縮する。これに伴い登頂は当初の現地時間21日から同20日へ前倒しとなる見通し。

 三浦さんは日本を今月2日に出発。事務所によると、当初は現地時間9日に標高4200メートルのベースキャンプ(BC)に入り、高度に体を慣らして16日から歩いて登る計画だったが、BCから標高5370メートルの峠近くまでヘリで向かい、そこから歩いて山頂を目指す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.