天気予報を見る
 
新聞購読申込

若おかみら酒蔵で仕込み、鳥取/皆生温泉の宿泊客向け

2019/01/09 15:32

 タンクに注ぎ入れた酒米を混ぜほぐす皆生温泉の若おかみら=9日、鳥取県境港市
 タンクに注ぎ入れた酒米を混ぜほぐす皆生温泉の若おかみら=9日、鳥取県境港市

 鳥取県米子市にある皆生温泉の若おかみらが同県境港市の酒蔵で9日、宿泊客に味わってもらおうと3月に出荷するオリジナル日本酒の仕込みに精を出した。強い発泡性で、栓を開けると日本海に降る雪のように白いおりが舞い上がり、目でも楽しめる。

 酒米の生産者も加わり17人がかりで仕込みの最終工程「留添え」を実施。仕込み水とこうじの入った大型タンクに、蒸して冷ました酒米を注ぎ入れた。若おかみの山崎裕美子さん(37)らが、長い棒で米を混ぜほぐすと、甘い香りが蔵の中に広がった。

 宿泊客に提供するほか、販売用を2800本製造し、一部旅館や東京にある県のアンテナショップに並べる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.