天気予報を見る
 
新聞購読申込

雪まつりに向け準備開始、札幌/大小192基の像を制作へ

2019/01/07 12:15

 「第70回さっぽろ雪まつり」会場の大通公園にトラックで運び込まれた雪=7日午前、札幌市中央区
 「第70回さっぽろ雪まつり」会場の大通公園にトラックで運び込まれた雪=7日午前、札幌市中央区

 札幌市で開催される「第70回さっぽろ雪まつり」に向け、雪像制作に使う雪を郊外から市中心部の会場に運び込む作業が7日、始まった。同市中央区の大通公園などに5トントラック約6千台分の雪を運び込み、大小192基の雪像や氷像が作られる予定。

 陸上自衛隊員延べ約1万人が、雪の運搬と像の制作に当たる。雪は札幌市郊外の公園などから29日までの22日間で輸送する予定だ。7日は大通公園で雪輸送開始式が開かれ、トラックから雪が下ろされた。

 さっぽろ雪まつり実行委員会の柴田龍会長は「雪まつりは世界中の人々が訪れる国際的なイベント。盛大に開催されることを期待したい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.