天気予報を見る
 
新聞購読申込

京都・裏千家の初釜式/新春祝う濃茶で一服

2019/01/07 11:26

 裏千家の「初釜式」で、招待客を濃茶でもてなす十六代千宗室家元(左端)=7日午前、京都市
 裏千家の「初釜式」で、招待客を濃茶でもてなす十六代千宗室家元(左端)=7日午前、京都市

 茶道三千家の一つ、裏千家の今日庵(京都市上京区)で7日、「初釜式」が始まった。十六代千宗室家元(62)が政財界の招待客を濃茶でもてなし、新春を祝った。

 「平成茶室 聴風の間」で行われ、第1席には表千家、武者小路千家の両家元や西脇隆俊京都府知事ら46人が出席した。

 宗室家元は、茶道具について説明し、招待客と和やかに言葉を交わした後「謙虚に足元を見ることを忘れずに頑張っていく所存です」と新年のあいさつをした。

 12日までに約2200人が出席する予定。16〜19日には、東京道場(東京都新宿区)でも初釜式が行われる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.