天気予報を見る
 
新聞購読申込

無病息災願い墨だらけ、松江/「チョーサダー」と漁村練り歩き

2019/01/06 20:46

 墨を顔に塗り付け、みこしを担いで練り歩く「墨つけとんど」=6日午後、松江市美保関町片江地区
 墨を顔に塗り付け、みこしを担いで練り歩く「墨つけとんど」=6日午後、松江市美保関町片江地区

 無病息災などを願い、住民が酒で溶いた墨を顔に塗り付け、みこし2台を担いで漁村を練り歩く「墨つけとんど」が6日、日本海に面した松江市美保関町片江地区で開かれた。300年近く続くとされる神事で、「チョーサダー」という独特の掛け声が響いた。

 見物客らも出発地点の神社などで顔に墨を塗られ、行列に付き添った。新築したり結婚したりという慶事があった家の男性を海に投げ入れて祝福する習わしがあり、途中、昨年11月に息子が生まれた市職員宮崎雅大さん(25)が砂浜から放り込まれた。

 宮崎さんは「泣きそうなくらい寒いが世代を超え楽しむ祭り。今後も参加したい」と白い歯を見せた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.