天気予報を見る
 
新聞購読申込

東京五輪の暑さ対策で実証実験/歩道に散水、路面温度を測定

2018/08/13 10:32

 暑さ対策の実証実験で実施された、散水した歩道に日傘を差した場合の路面温度の測定=13日午前、東京都千代田区
 暑さ対策の実証実験で実施された、散水した歩道に日傘を差した場合の路面温度の測定=13日午前、東京都千代田区

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けた暑さ対策の一つとして、東京都は13日、歩道に散水して路面温度を測る実証実験を都内で実施し、報道陣に公開した。今夏の猛暑を受けた対応で、今後結果を分析し、暑さ対策として有効かを確認するという。

 実験では、歩道の端に消雪や農作業で使用する穴の開いたチューブを敷き、(1)午前4時から散水(2)午前7時から散水(3)何もしない―の3パターンの路面温度と気温を30分おきに測定した。それぞれで日傘を差した場合の効果も調べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.