天気予報を見る
 
新聞購読申込

北海道、街道に色鮮やかな山車/370年続く姥神大神宮渡御祭

2018/08/10 17:12

 姥神大神宮渡御祭で、街道を巡る蛭子山(手前)など色鮮やかな山車=10日午後、北海道江差町
 姥神大神宮渡御祭で、街道を巡る蛭子山(手前)など色鮮やかな山車=10日午後、北海道江差町

 北海道南部の江差町で10日、370年以上の歴史がある「姥神大神宮渡御祭」の本祭が始まった。武者人形やちょうちんで飾られた色鮮やかな山車が、江戸時代末期の面影が残る街道を巡った。

 この日は小雨の中、子どもたちが笛や太鼓の祭りばやしを奏で、山車13台が次々に神宮前を出発。法被姿の参加者らが「よーいよーおい」の掛け声と共に力強く山車を引いた。祭りは11日まで。

 町によると、ニシンの豊漁を神に感謝したのが起源で、北海道最古の祭りとされる。山車の一つ「蛭子山」は今年、107年ぶりに新調され、明治以前に京都の人形彫刻師が作った人形「蛭子様」を乗せて練り歩いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.