天気予報を見る
 
新聞購読申込

被爆前後の写真、AIでカラー化/広島、当時を「より身近に」

2018/08/08 17:25

 カラー化した写真について話し合う参加者=8日、広島市
 カラー化した写真について話し合う参加者=8日、広島市

 人工知能(AI)を使って被爆前後の広島の白黒写真をカラー化するワークショップが8日、広島市中区の市立中央図書館で開かれた。カラーにすることで当時をより身近に捉えてもらうのが狙い。被爆者や学生約30人が参加し、「写真を血の通ったものに感じられた」などの声が聞かれた。

 講師は東京大大学院の渡邉英徳教授(43)(情報デザイン)。AIは白黒とカラーに分けた同じ構図の写真230万組分のデータを学習させてある。参加者は持ち込んだ白黒写真をデジタル化した上で、AIを利用し色を推定していった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.