天気予報を見る
 
新聞購読申込

国内最高齢コアラ死ぬ、兵庫/淡路ファームパーク、22歳の雌

2018/08/07 10:23

 死んだ国内最高齢のコアラ「みなみ」(淡路ファームパーク提供)
 死んだ国内最高齢のコアラ「みなみ」(淡路ファームパーク提供)

 兵庫県南あわじ市の観光施設「淡路ファームパーク イングランドの丘」は7日までに、飼育していた国内最高齢のコアラ「みなみ」が死んだと明らかにした。22歳の雌で、人間の約100歳に相当するという。コアラの平均寿命は15歳程度とされる。

 同園によると、みなみはオーストラリア生まれで、2003年から同園で飼育。5日朝に職員が死んでいるのを見つけた。老衰とみられる。最近は食欲はあったものの、筋力が衰えて動き回らなくなっていた。

 みなみが死んだことにより、国内最高齢のコアラは同園が飼育するいずれも21歳の「ひかり」と「みどり」になった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.