天気予報を見る
 
新聞購読申込

「仙台七夕まつり」開幕/復興の祈り、西日本豪雨にも

2018/08/06 12:10

 「仙台七夕まつり」が開幕し、商店街に飾られた鮮やかな吹き流し=6日午前、仙台市
 「仙台七夕まつり」が開幕し、商店街に飾られた鮮やかな吹き流し=6日午前、仙台市

 仙台の夏の風物詩で、色とりどりの吹き流しが街を彩る「仙台七夕まつり」が6日、開幕した。東日本大震災以降、人々の祈りの場にもなっている夏の祭典。短冊には震災復興への願いのほか「豪雨で被災した地域が早く復興しますように」「次は仙台が助ける番」など、西日本豪雨の被災地に思いを寄せる言葉も見られた。

 市中心部の商店街に、全長3〜5メートルほどの吹き流しが所狭しとつるされ、市民や観光客を魅了した。商売繁盛を願う「巾着」や、豊漁を祈る「投網」など7種類の飾りがあるのも祭りの特徴だ。

 祭りは8日まで。主催者事務局は、例年並みの210万人の人出を見込んでいる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.