天気予報を見る
 
新聞購読申込

祇園祭・宵山期間始まる/古都の夏におはやし響く

2018/07/14 19:11

 祇園祭の「宵々々山」を迎え約190年ぶりに復元され公開された、山の前面を飾る幕「養蚕機織図綴錦」(左)=14日夜、京都市
 祇園祭の「宵々々山」を迎え約190年ぶりに復元され公開された、山の前面を飾る幕「養蚕機織図綴錦」(左)=14日夜、京都市

 京都・祇園祭は14日、前半の見せ場、前祭の「山鉾巡行」を3日後に控え、「宵々々山」を迎えた。市中心部には見事な装飾品で彩られた山鉾23基が並び、「コンチキチン」の祇園ばやしが古都の夏を盛り上げた。宵山期間は16日まで。

 山鉾の一つ「山伏山」の町会所では、約190年ぶりに復元した、山の前面を飾る幕「養蚕機織図綴錦」(縦約65センチ、横約185センチ)や組みひもなどが公開された。華やかなつづれ織りに観光客らが見入っていた。

 京都府警によると、午後5時半時点の人出は約1万7千人。この日は3連休の初日で、日中に最高気温38・5度を記録する猛暑だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.