天気予報を見る
 
新聞購読申込

大たいまつの炎、勇壮に/和歌山、那智の扇祭り

2018/07/14 17:28

 「那智の扇祭り」で、燃えさかる大たいまつを担いで参道を練り歩く白装束の氏子たち=14日午後、和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社
 「那智の扇祭り」で、燃えさかる大たいまつを担いで参道を練り歩く白装束の氏子たち=14日午後、和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社

 「那智の扇祭り」で、燃えさかる大たいまつを担いで参道を練り歩く白装束の氏子たち=14日午後、和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社
 「那智の扇祭り」で、燃えさかる大たいまつを担いで参道を練り歩く白装束の氏子たち=14日午後、和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社

 和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社で14日、例大祭の「那智の扇祭り(火祭)」が開かれた。那智の滝前で、白装束の氏子たちが大たいまつを担いで勇壮に練り歩く姿を、集まった観光客が楽しんだ。

 神々が年に1度、12体の扇みこしに乗り、那智の滝に戻る神事。最大約50キロの大たいまつの炎で参道を清める。

 氏子たちは炎が燃えさかる大たいまつを担ぎながら、懸命な表情で参道の急な石段を上り下りし、扇みこしを出迎えた。

 見物しに来た大阪市港区の会社員美馬知萌子さん(26)は「炎が思ったより近くてすごかった。来年はもっといい場所から見てみたい」と笑顔だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.