天気予報を見る
 
新聞購読申込

米同時テロ遺族が福島訪問/高校生と交流、原発視察

2018/07/13 20:53

 交流した高校生にプレゼントを渡す米中枢同時テロの遺族ら=13日午後、福島県広野町の県立ふたば未来学園高
 交流した高校生にプレゼントを渡す米中枢同時テロの遺族ら=13日午後、福島県広野町の県立ふたば未来学園高

 米中枢同時テロの遺族らでつくる「9・11家族会」のメンバーらが13日、福島県を訪れ、東京電力福島第1原発事故の被災地に開校した県立ふたば未来学園高(広野町)で生徒と交流した。ニューヨークの高校生ジュリア・ガードナーさん(14)は「3・11と9・11の原因は違うが、乗り越えるために助け合うことが大事だと気付いた」と語り掛けた。

 3年の関根颯姫さん(17)は、放射性物質におびえた日々や、転校先でいじめを受けた経験から、世界の難民問題などを人ごとではなく「自分ごと」と考えられるようになったとスピーチすると、大きな拍手が起きた。

 交流に先立ち第1原発を視察した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.