天気予報を見る
 
新聞購読申込

熊野那智大社で大しめ縄張り替え/滝の上で作業、観光客はらはら

2018/07/09 20:39

 那智の滝の上に架かる大しめ縄の張り替え作業をする神職ら=9日、和歌山県那智勝浦町
 那智の滝の上に架かる大しめ縄の張り替え作業をする神職ら=9日、和歌山県那智勝浦町

 世界遺産の熊野那智大社(和歌山県那智勝浦町)で9日、那智の滝の上に架かる大しめ縄が張り替えられ、連日の雨で滝が増水する中、観光客らは高さ133メートルでの作業をはらはらしながら見上げた。14日に行われる例大祭「那智の扇祭り(火祭)」を前にした恒例行事。

 熊野那智大社の拝殿で神事をした後、白装束に烏帽子姿の神職ら5人が滝の上まで続く山道を登った。わらじを履き滝の水にくるぶしまで漬かって、長さ約26メートル、重さ約4キロの大しめ縄を持ち上げて作業した。

 大しめ縄は年の瀬にも張り替えられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.