天気予報を見る
 
新聞購読申込

津波被害の馬術場再開、仙台/被災馬と触れ合い

2018/07/08 17:58

 再開した馬術場に戻ってきた被災馬「キャンディ」に餌やりする子ども=8日、仙台市若林区
 再開した馬術場に戻ってきた被災馬「キャンディ」に餌やりする子ども=8日、仙台市若林区

 東日本大震災で被災した仙台市若林区井土地区の「海岸公園馬術場」が8日、約7年4カ月ぶりに再開し、津波に流されながらも生き残った馬「キャンディ」(15歳)らが、来場した子どもたちと触れ合った。

 「乗馬クラブクレイン」(大阪府)が指定管理する同馬術場は津波で大きな被害を受け、当時いた馬55頭のうち19頭が死んだ。キャンディは震災の翌朝、がれきとともに内陸部に流れ着いているのを保護され、奈良県や静岡県の乗馬クラブで過ごしていたが、馬術場の再開に合わせて戻ってきた。

 キャンディはこの日、餌やり体験に参加し、子どもたちから差し出されたニンジンを勢いよくほおばった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.