天気予報を見る
 
新聞購読申込

高速道路の防護柵、全国で設置へ/暫定2車線の事故防止策

2018/06/15 10:36

 ワイヤロープ方式の防護柵が正面衝突事故を防いだ様子(国交省提供)
 ワイヤロープ方式の防護柵が正面衝突事故を防いだ様子(国交省提供)

 国土交通省は15日、対面通行となっている高速道路の暫定2車線区間について、センターライン部分にワイヤロープの防護柵を全国で設置すると発表した。対向車線への飛び出し事故防止に有効と判断した。新規区間では開通時から、既存区間では高速道路会社の管理区間は2020年度末まで、それ以外は22年度末までの設置を目指す。

 既存区間で、対面通行となっている暫定2車線の約2930キロのうち、4車線化のめどが立っておらず、別の対策を講じるトンネルや橋などを除いた最大約1500キロが対象になる。防護柵の具体的な設置時期や区間は未定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.