天気予報を見る
 
新聞購読申込

消費者相談の26%がネット通販/初めて店舗購入上回る

2018/06/12 09:37

 全国の消費生活センターに寄せられた相談件数
 全国の消費生活センターに寄せられた相談件数

 政府は12日、2018年版の消費者白書を閣議決定した。17年に全国の消費生活センターなどに寄せられた相談件数は91万564件で、前年より約1万9千件増加。相談の内訳では「インターネット通販」に関する相談が最多で全体の26%を占め、「店舗購入」の相談件数を初めて上回った。

 消費者庁によると、ネット通販の相談は23万7063件。次いで店舗購入22万9885件、通信販売(ネット以外)8万4872件の順。13年の時点では店舗購入の方が約8万件多かったが、その差は年々縮小していた。

 ネット通販では、健康食品や化粧品といった実際の商品取引に関する相談が増えている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.