天気予報を見る
 
新聞購読申込

新観光列車「あめつち」公開/JR西、山陰の趣をふんだんに

2018/06/11 17:40

 観光列車「あめつち」の内装。天井の照明シェードには因州和紙、テーブルには石州瓦素材のタイルが使われている=11日、鳥取県米子市
 観光列車「あめつち」の内装。天井の照明シェードには因州和紙、テーブルには石州瓦素材のタイルが使われている=11日、鳥取県米子市

 JR西日本は、7月1日から鳥取―出雲市間で週末を中心に運行する新しい観光列車「あめつち」の内装を11日、報道陣に公開した。地元の工芸品をふんだんに使い、車内は山陰の山々や日本海をイメージした緑や青の壁に包まれている。

 2両編成で、それぞれの車両は島根、鳥取の各県をイメージ。各地の神話をデザインした壁面装飾には、隠岐の黒松(島根)と智頭杉(鳥取)をあしらうなど両県の特色を演出した。

 天井には赤や黄に染めた鮮やかな因州和紙(鳥取)の照明シェード。カウンター席や対面席のテーブルには石州瓦(島根)素材のタイルをはめ込んだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.