天気予報を見る
 
新聞購読申込

サクランボの種飛んでいけ、山形/特産地で大会

2018/06/10 18:07

 サクランボの種を勢いよく吹き飛ばす参加者=10日、山形県東根市
 サクランボの種を勢いよく吹き飛ばす参加者=10日、山形県東根市

 サクランボの生産量日本一を誇る山形県東根市で10日、「さくらんぼ種飛ばしワールドグランプリ2018」が開かれた。約1100人の参加者が向かい風にも負けずに、大会記録20・05メートル超えを目指して口に含んだ種を勢いよく吹き飛ばした。

 参加者は東根市発祥で特産の高級品種「佐藤錦」を味わった後、高さ約40センチの台に乗り、口をとがらせたり、体をのけぞらせて勢いを付けたりして、種が遠くへ飛ぶようさまざまな工夫をこらした。

 一般の部では12・54メートル飛ばした宮城県大崎市の会社員藤井誠さん(33)が優勝した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.