天気予報を見る
 
新聞購読申込

祇園祭の胴懸、240年ぶり新調/山鉾「太子山」ベトナムで

2018/06/09 18:18

 ベトナムで約240年ぶりに新調され、報道陣に公開された「太子山」の両側面を飾る胴懸=9日、京都市
 ベトナムで約240年ぶりに新調され、報道陣に公開された「太子山」の両側面を飾る胴懸=9日、京都市

 京都・祇園祭で巡行する山鉾の一つ「太子山」の両側面を飾る胴懸2枚がベトナムで約240年ぶりに新調され、京都市下京区で9日、報道陣に公開された。

 「紺綴織スガ地花鳥樹孔雀文様ベトナム刺繍」など2枚で、各縦約1・7メートル、横約2・4メートル。以前と同じ「生命の樹」とクジャクがモチーフで、それぞれ想像上の花や鳥、ゾウなどをベトナム風の極彩色であしらった。

 太子山保存会によると、以前の胴懸はインドの品を基に日本で作られ、1775年ごろに使い始めたとの文献がある。日本で新調すると1枚1億円以上かかるため、ベトナムで3年かけて完成させた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.