天気予報を見る
 
新聞購読申込

民泊違法物件の予約取り消し/米エアビー、新法施行で

2018/06/08 13:15

 民泊仲介大手の米エアビーアンドビーは8日までに、今月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行に対応するため、届け出のない違法物件に泊まる予定だった客の予約を取り消し、宿泊代金を補償すると発表した。

 違法となる物件に15日以降に宿泊予定だった利用者が対象。エアビーは宿泊代を全額返金するほか、代わりに利用する施設の宿泊代との差額分なども補償する。メールでの相談窓口も設けた。

 エアビーは一連の措置のために、総額11億円規模を拠出する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.