天気予報を見る
 
新聞購読申込

土地放棄の制度容認69%/不要な所有に負担感

2018/06/08 08:58

 利用していない宅地や田畑などを所有する人の47・4%が負担を感じたことがあり、不要な土地の所有権を放棄できるようにする制度の創設を69・0%が「認めてもよい」と考えていることが、国土交通省の調査で分かった。政府が8日閣議決定した2018年版土地白書で、調査結果を報告した。

 政府は白書で「負担感が高まれば所有意欲が減退し、管理放置につながる」と指摘。1日に決定した所有者不明土地対策の基本方針に基づき、所有権放棄制度の創設などを検討するとした。

 民法は「所有者のない不動産は国庫に帰属する」と規定しているが、不要な土地の所有権放棄は認めていない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.