天気予報を見る
 
新聞購読申込

早大、一部学部で民間検定活用/英語入試、共通テ受け

2018/06/07 20:42

 早稲田大は7日、2020年度から始まる大学入学共通テストの英語で活用される民間検定試験の結果について、一部学部の一般入試で合否判定に用いると発表した。

 大学入試センター試験は、現在の高校1年が受ける21年1月から共通テストに切り替わり、英語は23年度までは従来型のマークシート式試験と、「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測るためにセンターが認定した民間検定試験が併存する。

 設計が異なる複数の検定のスコアを公平に比較できるかを懸念する声もあり各大学の対応が注目されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.