天気予報を見る
 
新聞購読申込

中尊寺・金色堂の保存状態調査へ/世界遺産、経年劣化進み

2018/06/07 20:13

 保存状態の調査が行われた中尊寺金色堂=7日午後、岩手県平泉町
 保存状態の調査が行われた中尊寺金色堂=7日午後、岩手県平泉町

 岩手県平泉町の世界遺産・中尊寺は7日、金色堂の保存状態を調査するため、専門家による委員会を設置した。大規模解体修理から50年がたち、一部で漆や金箔がはがれ落ちるなど経年劣化が進んでおり、調査結果を踏まえ、修復の必要性を判断する考えだ。

 調査委員会は、文化財の建築物や漆工芸の専門家ら5人で構成。金色堂を前に山田俊和貫首(74)は「東日本大震災後、目に見えて壁の隙間が大きくなった。専門家の皆さんの意見を聞き、100年先を見据え、後世へ伝えていくための一歩としたい」と話した。

 金色堂は奥州藤原氏の初代清衡が平安時代末期の1124年に建立した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.