天気予報を見る
 
新聞購読申込

レブンアツモリソウ見頃、北海道/礼文島に自生、クリーム色の花

2018/06/07 16:14

 北海道・礼文島だけに自生するレブンアツモリソウ=7日
 北海道・礼文島だけに自生するレブンアツモリソウ=7日

 北海道・礼文島だけに自生するラン科のレブンアツモリソウが見頃を迎えている。島北部にある群生地には7日、多くの観光客が訪れ、小雨にぬれたクリーム色の花を楽しんでいた。

 島観光協会によると、レブンアツモリソウは高さ20センチほどで、例年5月下旬から6月中旬にかけて花びらが袋状の花を咲かせる。国の特定国内希少野生動植物種に指定されており、花をつけるまでに7〜8年かかる。

 山口県下関市から娘と訪れた岡本久美子さん(70)は「ずっと見たいと思っていたので、感動した。品があってかわいらしい」と笑顔で話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.